メニュー

藤村の「こんなの知っていますか?」

オールOK !

2019年11月08日(金)

別府店 藤村です。

今回紹介したいのは 大分市美術館で開催されていた

「超世代 仮面ライダープレミアムアート展」です。

 

 

仮面ライダーは1971年にシリーズ第1作のテレビ放映が始まり、

最後の平成ライダーの「仮面ライダージオウ」が終わりました。

 

ちなみに現在放送中なのは、令和最初のライダー「仮面ライダーゼロワン」です。

昭和ライダーは「仮面ライダーJ」まででした。

 

この昭和ライダーの中で記憶に残っているのは「仮面ライダーアマゾン」です。

主役ライダーの必殺技が、歴代ライダーで初めてキック技ではないので驚きました。

 

「噛みつき」や「引っ掻き」といった野性味あふれる攻撃、

切り裂かれて血しぶきを上げながら散っていく怪人など、

シリーズでは異色の作品です。

 

平成ライダーの特徴としては、主人公がイケメンということで、

子供だけではなく主婦もターゲットにしています。

佐藤健やオダギリジョーや武内涼真・福士蒼汰・菅田将暉などイケメンばっかりです。

 

私が平成ライダーで一番好きなのは「仮面ライダーカブト」です。

仮面ライダー生誕35周年記念作品として、

「最強の仮面ライダー」をコンセプトに製作されたのが『仮面ライダーカブト』でした。

仮面ライダーの原点にかえり、

昆虫をモチーフとした仮面ライダーが多数出て来てどれも魅力的です。

 

展覧会は昭和と平成に時代を分けてコーナーを展開。

原作者・石ノ森章太郎の原画の他、仮面ライダーや怪人の立像、

バイク「ライダーマシーン」など約600点を展示しています。

撮影スポットが少なかったですが

本物の原画やライダーベルトを見れて良かったです。