メニュー

藤村の「こんなの知っていますか?」

オールOK !

2019年02月28日(木)

今回は一眼レフの「超望遠レンズ」について書きたいと思います。

動物園や運動会、空港の展望デッキなどで見かけたことはないでしょうか?

超望遠レンズは大砲みたいな巨大なレンズで、重いので持ち歩くには気合が必要です。

 

最近はスマートフォンの進化でお手軽に綺麗な写真を撮れるようになってきました。

しかし、スマホが絶対太刀打ち出来ない領域があります。

それが超望遠です。

実際に使ってみるとその圧倒的な画に驚くはずです。

 

有名人を撮りたいというのが購入した1番の理由でした。

最初に撮った有名人は高田延彦さんと向井亜紀さんです。

 

数年前に別府アリーナで高田道場ダイヤモンドキッズカレッジが開かれたときに遠くからひっそり撮影しました。

最後は高田延彦さんに握手をして頂きました。

 

 

その次の撮った有名人は、プロ野球選手の内川選手です。

ここ数年、別府市民球場でキャンプをしていると聞き撮影に行きました。

たくさん見学に来ている方がいたのですが、誰も望遠レンズを持っていませんでした。

 

 

もちろん有名人に限らず動物や乗り物なども撮影しています。

肉眼ではわからないものまで見えて、遠くのものが目の前にあるような迫力があり面白いです。

今後も色々撮影しようと思っています。