メニュー

一枚の写真 今仁編

オールOK !

2018年10月02日(火)

1963年、大学を卒業して『東京いすゞ』に入社しました。

同期入社は60名でほとんどが東京出身者で地方出身者は数名でした。

 

研修を終えて、営業部に配属されたある日、

夕方帰社すると、数名の課長が集まって

 

「人事部も人を見て配属しなければ迷惑だよ。

東京の地理もわからない、電話もうまくとれない、

地方出身の新人は困る」

と話し声が聞こえてきました。

 

それが私であることはすぐわかりましたが、

当時は就職難の時代で会社をやめる勇気はありませんでした。

 

しばらくして、上司から仕事の依頼をされたことがあります。

うっかり忘れて催促され、あわてて提出しましたが、

以後、その上司から私に仕事の依頼は一度もありませんでした。

このことがあって、報告・連絡は「営業の基本」だと肝に銘じました。

 

1976年、郷里大分のいすゞへ転職しました。

そこでは、営業に従事し、

営業責任者、役員も経験しました。

 

2003年に現在の社長のお誘いもあり、

この会社にお世話になることにしました。

 

78才の現在まで営業顧問として第一線で働けるのも、

足かけ50年の営業経験の賜物だと思います。

「無」から「有」を生み出すやりがいのある営業の仕事に携われ

本当に良かったと思います。