メニュー

第28回「佐志生(さしう)海水浴場」

マイリトル大分遺産

2018年08月31日(金)

アジア立命館大学生  松原さん

 

 

おすすめしたいのは、『佐志生(さしう)海水浴場』です。

高校2年生のときに、ダンス同好会のみんなと行きました。

 

駅からそんなに遠いと思ってなくて、

汗だくになりながらみんなで歩いていって、家とかが途中にあって、

突然海がハッって見えて、なんか、あーって感動しました。

 

大分にこんなきれいな海あるんだなと思って。

透明感がすごかったです。

 

 

浮輪でどこまで遠くに行けるかみんなで競争したり、

人を砂で埋めたり、写真撮ったり、

8月でもあまり人が居なくて自由に遊べました。

 

―――APUは何で志望したんですか?

 

APUは地元っていうのもあり、

私自身なんとなく国際的なことに興味があって、

国際生・国内生が半分くらいの割合でいるので

その環境に惹かれました。

 

―――どうですか?入ってみて。

 

楽しいです。

APUの楽しいところを聞かれたら、寮の生活が1番に出てくると思います。

独りくらしだと寂しいけど、

寮だと個人の部屋なので一人暮らし感もあるし、

みんなと一緒なので楽しくて丁度良いです。

 

今週の日曜日、〝ワールドフェスティバル〟という

寮の中の文化祭みたいなものがあって、

それに向けて今ダンスの練習をしています。

 

―――大事にしてることはありますか?

 

大事にしてること、何だろう?

常にポジティブでいたいなと思っています。