メニュー

レンタル屋の現在地報告

オールOK !

2021年02月10日(水)

こんにちは、岡崎です。
以前、不整脈が見つかり、心臓のカテーテル手術をしたことがあります。

先日、その定期検査のため、2泊3日の入院。
結果は、問題なし、ということで、
「次回は5年後、来てください」とのことでした。

また2年後と思っていたところ、5年後だったので喜んだのですが。
ふと、そのとき、64歳、自分は生きてるだろうか、と不安になりました。
わたしの父も祖父も、その年まで生きていないし。

入院の検査中。
血管に管を通され、造影剤を流され、呼吸が苦しくなったとき、

このまま死んだら・・・と考えていました。
むかしのことを思い出しながら、小学生のころの自分に聞いてみると、

「思ったよりいい人生だったんじゃない?」と答えが返ってきました。

自分が軽襟者に向いていると思ったことはありません。
父の会社を継いだのは、使命感にかられたからで、

やがて息詰まるとわかっていました。

しかし、社内に協力者があらわれ、景気の追い風のおかげもあり、

会社は成長することができました。
この会社で働くことが好きなスタッフもいることを思えば、

すでに夢はかなえられています。死んでも後悔はありません。

 

それでも、新しい年を迎え、新鮮な気持ちで会社をながめると

まだまだ成長できるはず、と希望はふくらみ、

少しでも自分が貢献できることにわくわくするのです。