メニュー

鉄男の部屋

オールOK !

2020年02月15日(土)

みなさま、別府店の鉄男こと、笹原です。

実は、われわれ鉄ちゃんにとって、一年で一番楽しい時期は10月と答える人が多いと思います。

それは、10月14日が「鉄道の日」ということで、10月は鉄道関連の公開イベントが多いためです。

 

大分でも、毎年10月に牧駅横の大分車両センターで「トレインフェスタ」という公開イベントが行われます。

大人気のイベントで、地元のお子さん連れから、いかにも鉄ちゃんの遠征組もたくさん来ます。

私も、しばらく行ってなかったので昨年、数年振りに出動してきました。

 

 

では、会場に入る前に、みなさんから通称「電車基地」と呼ばれている大分車両センターの概要から説明します。

ここには、主に大分地区で使われる約300両が配置されています。

所属車両は、豪華寝台列車の「ななつ星」に、883系青ソニックに、

787系つばめ型といった特急用の車両の他に、大分地区の普通列車用の車両が所属しています。

 

変わり種としては、所属は熊本区ですが、

構内の入替用とななつ星の補機に使われるDE10という小型のディーゼル機関車が常駐しています。

 

では、会場に入ってみます。

場内は、たくさんの子供たちと大きなお友達でいっぱいでした。

ちょうど、入口でパワーシティーオーイタのヒーローショーをしていました。

 

奥へ進むと毎年恒例のくるくる回る転車台の乗車体験に高所作業車乗車体験をしていました。

ちなみに私は高い所は苦手なので乗れません。さらに奥に進むと、

こちらも毎年恒例の車両展示にアルミカート乗車体験コーナーがあります。

アルミカートは、風を切る感じがとても気持ちいいのでおすすめです。

 

また、物販コーナーもあり、産直品が売っていて、大人がたくさん買っていまいた。

このように、鉄道好きでなくても楽しめるイベント盛りだくさんです。

ぜひ、みなさんもお子さんやお孫さんと行ってみてください。

素敵な出会いがあると思います。

 

それにしても不思議なのは、会場にいるたくさんのちびっこ達は、

みな鉄道大好きなのですが、どうしてそのまま大人にならないのでしょうか。

 

私も3人の子供に英才教育をしていたのですが、3人とも小学校入学前には、他のことに興味が移りダメでした。

ちなみに私は、生まれた時から鉄道が好きだったようです。

どうして、子供は大きくなると鉄道への興味がなくなるのでしょうか。

不思議です。

 

子供たちが鉄道を好きなまま大人になれば、やがては、

「一億総鉄ちゃん」なんて良い時代が来るのにと、考えながら会場を後にしました。

 

今回の「鉄男の部屋」はいかがでしたか。

イベントの雰囲気は伝わりましたでしょうか。

それでは、また次回の「鉄男の部屋」でお会いしましょう。