メニュー

「バイク」の話をしよう

オールOK !

2020年01月14日(火)

今回のゲストは、三重店の店長の伊藤さんと、本部の栁井さんです。

 

――今、乗っているバイクの種類は何ですか?

 

伊藤 ハーレーダビッドソンのXL1200C。2003年式のキャブです。

アメリカンが昔から好きなので選びました。

 

柳井 ヤマハのTW225です。2005年からずっと同じものを乗っています。

当時キムタクが“ビューティフルライフ”でTWを乗っていて、あの当時流行っていたんですよね。

 

――バイクの魅力は?

 

伊藤 まず音ですね。エンジン音とマフラー音。

その音を聞きながら風を切って走るのが大好きです。

アイドリングの時にエンジン音が“トコトッ、トコトッ”っていう止まりかける音。

ハーレー乗りの人だったら最初そこに魅力を感じていると思います。

 

あと、降りた時のハーレーダビッドソンのオイルの臭い。

その臭いって国産だと出ないんですね。

臭いがそのまま上がってくるので、わぁーって思いますね。

 

柳井 乗っていたら視点も高いし、走る道が広く感じられるので解放感があります。

音や風を直に感じられるところがやっぱりいいなと思っています。

 

―どこをツーリングしていますか?

 

伊藤 季節で場所を変えながら楽しんでいます。

春と秋は走りやすいので、人気のスポットや紅葉を見に行ったり。

だからバイク乗りの人は女子力が高い人が多いと思います。

 

夏は暑いんですけど、海の方とか気持ちよく走れます。

冬も山の方は雪が降るので海沿いに行く事が多いですね。

寒いから乗るのを止めようとかは思わないです。

自分が行ったところで一番寒かったのがマイナス2℃。

山の上で手が凍りそうになって死ぬ思いをしました。

 

柳井 自分は阿蘇方面が多いです。

一昨年くらいまでは、毎年ゴールデンウィークとお盆に

阿蘇の三愛レストハウスでやっているバイクミーティングにも行っていました。

 

―後ろに乗せたい人を教えてください。

 

伊藤 長淵剛を後ろに乗せて、鹿児島の桜島に行きたいです。

長淵がオールナイトライブした場所にその像が立っているんですけど、

そこで一緒に写真を撮りたいです。

 

栁井 中学2年の息子を乗せてオートポリスまで行ってみたいです。

小5の時に竹田まで、リアシートにのせて走ったことありますが、

それからは、ツーリングに行ってくれなくなってしまいました。

もう一度、あの時のように一緒に行ってみたいです。

 

――では、最後に自分のバイクに乗っているときの格好をお願いします。

 

(左:柳井 右:伊藤)